会社概要

社長挨拶

夢と希望の灯りをともそう  わたしたちは、インフラの復旧、復興に欠かすことの出来ない“砂”という建設用資材を長年にわたり、日々供給してまいりました。 大地から有限で貴重な天然資源を環境にやさしく、無駄なく掘り起し、様々なインフラへと生まれ変わらせています。 わたしたちは東北の被災地が復旧、復興から一日も早く立直り、夢と希望の灯りをともすための お手伝いをしております。 太平洋セメントグループは、持続可能な地球の未来を拓く先導役を目指し、経営の発展のみならず、環境への配慮、地域社会への貢献とも調和した事業活動を行います。 東北サンド株式会社
代表取締役 大野 雅之

会社概要

社名 東北サンド株式会社
所在地 〒981-3413 宮城県黒川郡大和町鶴巣幕柳字石ノ沢四番一番地
連絡先 TEL:022-343-2875
FAX:022-343-2277
設立 1987年12月
資本金 1,200万円
決算 3月
主な株主 太平洋セメント株式会社
役員 代表取締役  大野 雅之
取締役生産部長 奥脇 信
取締役 前川 浩一
取締役 弘中 赴夫
監査役 藤野 圭介
取引銀行 三井住友銀行 仙台支店 みずほコーポレート銀行 仙台支店 仙台銀行 吉岡支店
従業員数 12名
主たる業務 洗砂・不洗砂(山砂)の採取及び製造販売
コンクリート用及び土木用砕石の仕入れ販売
その他 各種土木工事用骨材の仕入れ販売
事業所案内 幕柳採取場
幕柳製砂プラント
太平事業所
仙台新港高松埠頭ベース
大井城南島埠頭ベース
沖縄中城ベース

施設概要

場所 面積 備考 写真
大平旧採取場 384,000㎡ 建設発生残土受入可能量 1,300,000㎥ 大平旧採取場
幕柳採取場 450,000㎡ 可採鉱量 13,500,000㎥ 幕柳採取場
仙台新港高松埠頭 4,260㎡ 洗砂・砕石 海送事業(年間 80,000㎥) 仙台新港高砂埠頭
東京湾城南島ヤード 900㎡ 仙台砂2m/m 東京湾城南島ヤード
沖縄中城ヤード 1,600㎡ 仙台砂2m/m 画像なし

沿革

1987年12月 大和町鶴巣大平字勝負沢にて有限会社東北サンド工業として創業
1993年11月 東北サンド株式会社と改称
太平洋セメント㈱ 30%出資
2000年3月 太平洋セメント㈱ 70%出資
2003年6月 自社株 30%取得
2006年10月 大和町鶴巣幕柳字石の沢へ工場及び事務所移転
2009年6月 本社所在地を大和町鶴巣大平字勝負沢5番地8から大和町鶴巣幕柳字石ノ沢四番地に変更

アクセス

【住所】 〒981-3413 宮城県黒川郡大和町鶴巣幕柳字石ノ沢四番地
東北自動車道。大和IC下車。県道3号線(塩釜吉岡線)北目大橋交差点より2.5km南下し町道を東に800m。

太平洋セメントグループ

安倍川開発㈱ ㈱イシザキ 大分太平洋鉱業㈱
奥多摩工業㈱ 関西太平洋鉱産㈱ 関西マテック㈱
香春鉱業㈱ 甲州砕石㈱ 山陽太平洋ライム㈱
太平洋セメント㈱ 武甲鉱業㈱ 秩父鉱業㈱
道央資源開発㈱ 龍振鉱業㈱ 有恒鉱業㈱

※50音順